深センにある国際空港「深セン宝安国際空港」でマレーシアに行って来ました

深セン空港・出発ロビー
深センにある深セン宝安空港内の写真です。

日本から深センに来る場合ですが、一般的なのが「日本⇒香港⇒深セン」と言った形で香港空港を経由して深センに来るパターンです。(自分もいつもはこのパターンを利用)

ただ、深センも日本行きも含めた国際線が有り、深センから直接日本との行き来も可能です。今回ですが、深セン空港⇒クアラルンプールに行った際の情報と合わせて深セン空港に関してお伝えしていきます。

深セン空港の場所について

深セン空港の場所ですが宝安区(深センの地図で言うと左端の方です)にあり、羅湖区・福田区からも離れております。

りんむーが住んでいる羅湖区の国貿と言うエリアからだと電車の移動だけで1時間位掛かる場所で結構離れております。ただ、空港までの移動方法に関しては非常にシンプルで深センの地下鉄11号線で直接深セン空港に行く事が出来ます。

深セン地下鉄・路線図
深セン市内を走る地下鉄の路線図です。一駅通過するのに大体2分くらいです。

実際に羅湖区・福田区から深セン空港に行く場合ですが、地下鉄11号線に福田・若しくは车公庙で乗車する形になると思います。

福田が始発で次の駅が车公庙なのですが、车公庙で乗車しても既に人が結構乗っているので座れないです。それなので椅子に座りたい場合は始発の福田から乗車するのがオススメです。

深セン地下鉄11号線・深セン空港
深センの地下鉄の11号線・深セン空港の真下にある机场站です。

この他にはバスで深セン空港に行く方法や地下鉄の1号線で端安と言う駅で降りてシャトルバスで空港に行くという方法もあります。(11号線が出来るまでは1号線+シャトルバスで空港に行く形になっていましたが、今はあえて使う必要が無い方法です)

深セン市内から飛行機で移動する場合、香港空港よりも深セン空港の方が移動時間は短いですが、空港到着時の荷物検査・チェックインの行列・フライト時間の遅延などトラブルの要素が香港空港よりも多いので私自身は基本的には香港空港を利用しております。

空港到着からチェックインまで

深セン空港・地下鉄改札出口
地下鉄11号線で深セン空港の駅改札を出てすぐの場所です。

まず空港に到着したら地下鉄の場合は改札を出て利用する航空会社ごとに右側の出口もしくは左側の出口を選択します(日本で言うとANAのターミナル・JALのターミナルみたいなイメージ)

その後すぐに荷物検査をする為のX線とボディチェックをします。順番に検査を行うまで上の階に移動する事が出来ないです。検査が終わると空港のロビーに移動できます。(10人から15人くらいずつ分けて移動できる感じです←直ぐに移動させてくれないです)

深セン空港・ロビー
深セン空港のロビーです。雰囲気的には香港空港にやや似ております。

空港ロビーに到着後日本の空港と同様にチェックインを済ませます。ちなみにですが深セン空港で中国国内の便に乗る際(国内線)ですが、国際線同様に出発の1時間前までにチェックインする必要が有ります。

日本の国内線ですと搭乗開始の30分までと言う感じで結構緩いですが中国では日本と受付時間が違うので注意して下さい。(りんむーは以前に深セン空港で搭乗できなかった経験あり)

あとは航空会社の上級会員ですと系列の航空会社ならプレミアムチェックインができ、一般の搭乗者の行列に並ばなくて良いので非常に快適です。(日本ならば並んでも大部分はマナーを守るので疲れませんがになりませんが、中国の行列に並ぶのは精神的に非常に疲れます)

深セン空港・商品展示ディスプレイ
深セン空港で最新の電子機器を展示しているコーナーです。

出国まで

チケットを受け取った後は通常の出国同様に出国ゲートに移動します。深セン空港の場合はエスカレーターで下のフロアに移動する感じです。

出国審査を行いスタンプを押してもらった後に荷物検査を行う流れです。出国審査ですが深セン空港でもカメラで顔写真を撮る様で気づかずにいたら「カメラ見ろ!」と怒られました(笑)

荷物検査に関してはリチウム電池に関しての確認が他の国より厳しい感じです。(モバイルチャージャーなのでリチウム電池製品をバックから出して検査する必要あり)

搭乗まで

荷物検査の出口の左側にラウンジが有ります。日本と同様にチケットを見せるだけで大丈夫です。

航空会社ラウンジ
深セン航空・中国国際航空(スターアライアンス)のラウンジになります。
深セン空港・ラウンジ
深セン空港内のスターアライアンス系のラウンジになります。利用者が多くないのでのんびり利用出来ました。

搭乗に関してですが、深セン空港のフライトは遅延が日本や香港空港に比べて多い印象です。自分の搭乗するクアラルンプール行の飛行機ですが天候不良の為、搭乗口の変更・1時間半ほどの遅延、マカオ行きの飛行機は悪天候の為欠航となっておりました。

フランクフルト行の飛行機は整備の為と言う事で2時間ほどフライトが遅れておりました(笑)

北京空港もですが中国の空港で時間通りにフライトできる事を前提にスケジュールを立てると色々と問題が起きそうな感じです(笑)

まとめ

今回は深セン空港からマレーシア・クアラルンプールまでのフライトを利用しましたが、個人的な感想としては「香港空港の方が便利」と改めて感じました。

ただ、香港空港よりも深セン空港発の方が同じ目的地でもチケットの価格が安い場合も有るので、それぞれの空港を比較してチケットを購入するのも良いかもしれないです。

りんむーはANA以外の航空チケット購入はエクスペディアCtripを比較して購入しております。

エクスペディアの方が使いやすくて好きですが、Ctripには偶に安いチケットが有ったりします。(Ctripは手荷物が別料金の場合も有るので注意)

良かったら参考にしてみて下さい。

<おまけ>
今回の目的地のマレーシア・クアラルンプールの空港内の写真です↓↓

マレーシア・クアラルンプール空港到着ロビー
クアラルンプール空港の到着ロビーです。入国する際には電車でターミナルを移動します。

About りんむー 3 Articles
2014年から中国での生活を初めて、2015年より深センを主な拠点にして生活をしている30代の自由人です(男) 仕事に関してはインターネット関連の仕事を行っており、場所と時間に縛られる事無く生活しております。(自分で仕事してます) やりたい事が決まると結構集中するタイプで、色々な事を勉強するのは多分好きです(笑)マイル(プレミアムポイント)を貯めたりもしました。